*All archives   *Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2006.12.06 (Wed)

弓考察-2 

こんばんわもに(*‘ω‘ *)=3
ジャンキーなヒトが更新しろしろとうるさいので更新するよ!

サブのdonutPをビスキュー所属にしてお友達のFSにいれてもらいました。
まだスキルをあげきっていないのにゲリラいきたがるので足ひっぱりまくりんぐマッー

http://uniuni.dfz.jp/moeclc4/?2&97&0K1ie2K3p05J8FtKEUFTPI

こんな感じのシンプルな構成にする予定です。
DonutPが盾に頼りすぎなので盾切ってみました。
調和がSTやばいほど食うというのは聞いていたのですが
いざやってみると本当にモリモリ減りますね。
斥候倒すとGSP大量に落とすのも納得

NのDonutPの方は資金切れアンドちょっと倦怠期です。
ただ誘ってくれればゲリラにはホイホイ行くのでぜひ誘ってやってくださいな(*‘ω‘ *)

誰も見てなそうだけど停滞していた弓考察を再開しようと思います。
興味ある人だけレッツ・ドン↓今回は実質的なwarにおける戦い方など。
(主観に基づいているのでそれは違う!みたいなのもあると思います。勉強になるのでガンガンコメントしてやってください)

【More・・・】

まずは基本事項から。

移動を先読み
 ハドソン同期時代は個人個人のズレの差があったので読むのは難しかったのです(個人的には楽しかったです)が、今はほとんどズレはなくなったように思います(たまにあるけどね)。文章にして伝えるのは難しいですが、闘技場や森柵で練習すればどの程度読めばいいのかはすぐに解ります。僕は大体2モニ分、調和は4モニ分くらい先読みしています(*‘ω‘ *)=3

問題は相手の回避パターンに対応すること。大体3パターンに分かれます。

1、直線、または斜め前移動
これは説明いらない、というか回避パターンではないですが一番多いです。この場合は移動先を予測して打ち込むだけです。弓にとってはカモの移動法ですが、しっかり盾してくる人は結構つらいですね。中距離にきた所をソニックかブレイク技ある場合はぶちこみましょう(相手が刀剣もちでない場合)

2、ジグザグ移動
こなれた人がしてきます。一番簡単な弓避け方にしてその効果は絶大です。盾ディレイも消費しないですしね。切り返しを予測して当てれればいいのですが弓の神が降りてないと厳しいです。なので、下の図のようにジグザグ移動のふり幅の中心線◎を狙いましょう。結構当たってくれます。

     ●←◎→●
       ↑
       ↑
       ↑
       ○自分

3、モーション見て真横避け
弓相手にこなれた人はこれを多用してきます。まっすぐ進むと見せかけてモーション見て横にくいっと移動しつつ接近してきます。この回避パターンの人とぶつかると一発目を当てるのはまず無理ですね。射線を右か左にずらして50%当てを願うくらいしかできません。ただ、やはり人が動かしている以上右好きな人と左好きな人がいるのでよく観察しましょう。読みきれば逆に当てやすいです。

回避パターンについてはこんな感じでしょうか。

タックルを使う
 職種問わずかなり有効なタックル。弓師も例外ではありません。相手が近距離にきたらこちらが近接もちの場合は軽く応戦してタックルタックル。無ければ即タックルタックル。

基本はこんな感じでしょうか。
次はwarにおける実戦論です。

地形は選ぶ。
 これが最も重要だと思います。例えば丘のギガ↓林で遭遇した場合、ある程度弓で削ったところで木の裏に隠れてスパルタン、包帯、HAetc容易にされてしまいます。周りに木が密集している場所で敵を発見した場合は、できれば狭い通路のような一本道の場所、でなければ平地まで釣るのがいいでしょう。この例なら瓦礫横とかガルム鹿広場とかですね。

弓は隠す。
 これは開幕の連射の命中率に関わります。弓もってうろついてたら敵がこちらに接近してくる際にモーション見て横回避余裕でしたになるので、裏をつくことが重要です。シップ名でばれちゃってたらドンマイ><


長くなってしまったので続きは後日!
スポンサーサイト
EDIT  |  23:09 |  弓考察  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。